雪、田舎暮らし、冬ごもり、薪ストーブ Tag

雪ごもり

1月7日から積もり始めた雪が、あたりを銀白の世界にかえて4日目。 ゆっくりゆっくりと地面に舞い落ちる雪の時間。 朝のテンの散歩では静かな雪の世界を楽しんでいます。 新雪の上に残った1匹の動物の足跡。猫の足より大きく歩幅もひろい。私たちの散歩コースを先導するように続いています。 どこかの犬がはぐれたのかなぁ。。なんて考えてたら、その足跡は田んぼの畦道を横ぎって、薄暗い森の中へと消えていきました。 もしかしてキツネかなぁ? これまで見かけたことのない動物の存在を想像して、なんだか嬉しくなりました。 家では一日中薪ストーブに火をつけてゆっくりと過ごしています。 いつもは土間の隅につながれているテンも、部屋の中にいれてもらってます。火の前を陣取ってヌクヌク氣持ち良さそう。 3日も経つと、そろそろ土いじりが恋しくなってきました。種のカタログを見たり、本を読んだり、自然農を実践している方々の映像をYouTubeで見ながら、さて、今年はどんな風にやってみようかと思いを巡らせています。 ベンは山の建設作業に必要な、ノミやチェーンソーなどの道具の歯を磨ぎ始めました。 積雪が溶けたら、ヒノキを伐りだしてキッチン建設の続きが始まります。茅刈りにも行かなくちゃ。やりたい作業が列をなして待っています。 1月11日、今日で積雪 4日目。もうそろそろ雪も溶け出すだろうと期待しつつ、 しめきっていた部屋に風をいれて掃除でもしよっと。 written by Masami ...

Read More